還元水の効果

還元水は、抗酸化作用を持っていると考えて良いわけですから、活性酸素による健康・美容への弊害を改善・予防する効果があることになります。代表的なものを挙げると、動脈硬化や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病・ガン・肝機能の低下・老化・しわ/シミ/そばかすなどの肌トラブル・血管の詰まり・関節炎・リウマチ・認知症・花粉症/アトピーなどのアレルギー症状・生理不順/不眠/更年期障害などのホルモンバランスの乱れ…などが、活性酸素が原因で起こりうる症状ですから、還元水を摂取し、活性酸素を除去することで、これらの症状を予防したり、また改善することが期待できます。

活性酸素が原因で起こる様々な症状に対し、どのように還元水を摂取するのが効果的か…というと、それぞれの症状にあった摂取方法というものがありますので、各症状に適した方法で摂取すると、得られる効果も高く、人によっては即効性もあるかもしれません。

例えば、胃炎/胃酸過多ならば、胸やけ・げっぷが出る・胃が痛む…等の症状は放っておくと、潰瘍へ進行してしまうことが多いですし、そもそも精神的にも参ってしまうので、なるべく早く改善する必要があります。少なくとも、還元水を1日コップ8杯ほど毎日飲み続けることで、これらの症状を緩和することが期待できます。制酸剤(胃腸薬の一種)などを服用する方がほとんどだと思いますが、還元水は、制酸剤よりも高い効果が期待できますよ。

胃潰瘍/十二指腸潰瘍は、現在では、これらの病気になっても胃を切除することはなくなりましたが、しかしその分、再発してしまうようになりました。一時的に薬をつかって症状を抑えるだけなので、また何かの拍子に繰り返し発症してしまうんですよね。原因は、ストレス・ピロリ菌…など様々な説が挙げられますが、とりあえず、還元水を1日コップ10杯ほど飲み続けていくと、潰瘍の症状は出なくなると言われています。1日10杯の還元水は、一度に大量飲むのではなく、一度の飲用はコップ2杯までにしてください。また、空腹時に還元水を飲んでも構いません。

糖尿病は、生活習慣病の1つです。糖尿病というのは、インスリンというホルモン作用が低下したことで、体内で吸収した栄養素を上手に利用することができなくなり、血液内のブドウ糖(血糖)が多くなってしまう症状をいいます。インスリンは膵臓から分泌されるのですが、分泌量が不足している状態だと糖尿病になり、また、肥満などが原因で、インスリン量は十分であっても血糖値を下げることができない状態であっても糖尿病にもなります。この糖尿病には、インスリン依存型とインスリン非依存型の2つに分けられるのですが、合併症が発症する前であれば、還元水を1日2.5リットルほど飲むと、血糖値を改善することができると言われています。意識的に、食間に多く還元水を飲むと効果が高いようですよ。

糖尿病合併症には、複数の症状が挙げられます。糖尿病の方は、高血糖状態が続いている…ということですが、その状態が長期に渡っていると、全身に張り巡っている毛細血管が詰まってしまったり、動脈硬化が進行してしまったりするんですね。最初は特に症状が出るわけでもないので自覚することもほとんどありませんが、しかし実際には静かに長い時間をかけてゆっくりと進行しているのです。人によって違いますから一概に言い切ることはできないのですが、一般的に、糖尿病になってから10年~30年後くらいで合併症が出てくることが多いようです。この糖尿病の合併症には、糖尿病特有の合併症である糖尿病網膜症・糖尿病腎症・糖尿病神経障害が挙げられるほか、それ以外にも、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・脳出血・閉塞性動脈硬化症・肺炎・腎盂腎炎・皮膚膿症・壊疸・各ガン…などが挙げられます。糖尿病の合併症が発症してしまうほどの方は、今後は努力・辛抱が非常に重要となってきます。すぐに治るわけではありませんが、1日に還元水を5リットルほど毎日飲むようにしてください。視力に関する症状は、比較的治りが早いようです。また、塩分控え目の食事を摂っている方は、還元水に少量の上質塩(自然塩)を加えて飲用すると良いそうです(ペットボトルに1つまみほどの割合)

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因が重なり、乾燥肌や敏感肌に発症する慢性皮膚炎の1つです。現在、アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患の1つだと考えられていますが、しかし未だアトピー性皮膚炎の原因ははっきりとは判っていません。ただ、遺伝による体質と環境が強く関係していると言われています。アトピー素因というのは、アレルギーを発症しやすい体質を持つ家族がいる場合、または自分自身がそうである場合、「アトピー素因がある」と言うんですね。もちろん、アトピー素因があっても、アトピー性皮膚炎にならない方もいます。肌に痒みを伴う発疹が繰り返し何度も現れる他、気管支喘息・アレルギー性鼻炎などにかかりやすい傾向にあります。アトピー性皮膚炎は、専用の薬と併用しながら還元水を飲んでいってください。ただし、人によっては、還元水を摂取することで発疹が酷くなってしまうこともありますから、必ず、医師に相談し、指示に従ってください。また、強酸性水を、肌にスプレーして塗布することも効果的ですよ。

便秘/肩こりの場合、便秘とは、腸内に老廃物などが長期間溜まっている状態です。ただ便が排出されないというだけでなく、腸内に溜まっていることで、便がエサとなって悪玉菌が増殖し、腸内に常駐する細菌に悪い影響を与えてしまい、発ガン物質・発ガン促進物質・アンモニア・硫化水素などの有害物質やガスが発生します。そしてその有害物質・ガスは、腸壁から吸収されて、血液内に入り込みます。血液内に有害物質が入り込むということは、それが全身に巡ってしまうということですから、健康にとっても美容にとっても、悪影響しか及ぼさないことは考えなくてもわかりますよね?そして肩こりというのは、不自然な姿勢を長時間続けたり、精神的なストレスを感じた場合に起こりやすくなります。肩の筋肉が緊張することで血流が悪くなり、乳酸などの疲労物質が溜まってビタミンの補給が上手くいかず、筋肉が強張ることで起こる症状です。便秘・肩こりのいずれにしても、早朝…それこそ起床してすぐにコップ2杯の還元水を飲み、また空腹時にも最低コップ1杯飲むようにすると、症状の改善が期待できます。

高血圧/低血圧は、いずれの方も、空腹時、もしくは食事する1時間前に、1日でトータル2リットル~3リットルを摂取するようにしてください。血圧というのは、血管内を流れる血液が、血管の壁を押し広げる力を数値に表したものです。血液が血管の壁を押す力が強ければ強いほど血圧は高くなり、逆に押す力が弱ければ弱いほど血圧は低くなる…ということです。低血圧の症状は、めまい・立ちくらみ・頭痛・だるさ・動悸・頻脈などが挙げられ、高血圧の方は、脳血管障害・眼底出血・大動脈瘤・心臓疾患・腎硬化症・慢性動脈閉塞症…などの病気に繋がる可能性があります。還元水を飲んだからといって、すぐに症状が改善されるわけではありませんし、根気良く飲み続けていくことが大切です。

慢性的な下痢の場合は、下痢というのは、液状、または液状に近い軟便を排泄する状態をいい、普段は大丈夫なのに突然下痢になってしまう…というのは、急性腸炎が原因であり、腹痛を伴うことも珍しくありません。急性腸炎というのは、暴飲暴食などが原因で、腹痛・下痢・嘔吐・腹鳴・発熱…などが起こる診断名です。そして、急になる下痢は、大抵の場合が、暴飲暴食や食あたりが原因となっています。しかし、下痢が慢性的に起こる場合は、潰瘍性大腸炎・クローン病…といった炎症性腸疾患である可能性があります。数ヶ月間、下痢が続き、発熱・血便・粘液便・体重減少…などが続くと、炎症性腸疾患の疑いがありますので、すぐに受診してください。慢性的な下痢である場合、もちろん病院から処方された薬を正しく服用することが大切ですが、還元水を排便後にコップ2杯ほど(排便の回数が多い場合は、脱水症状を起こさないためにもう少し多めに)飲むと、下痢の症状を抑えられる場合があります。

ストレスは、精神的な緊張・心労・苦痛などにの極普通の刺激が原因となって引き起こされる、生体機能の変化を言います。ストレス=悪いものというイメージが強いかと思いますが、一概にそう言い切れるものでもないんですよね。ストレスにも悪いストレスもあれば、良いストレスもありますし、人の価値観や捉え方によって、同じストレスでも感じ方は違いますし、それによる影響も変わっていきます。そういう意味では、目にみえるものではない分、厄介でもあります。ストレスを上手に発散できれば良いのですが、ストレス解消がうまくいかないと、心身に負担がかかるようになり、身体・気持ち・行動に不調が出てしまうことがあります。発散方法も人それぞれ違いますから、自分に合ったストレス発散方法・解消方法を見つけることが大切なのですが、なかなか見つけることができなかったり、うまく発散できない方もいらっしゃいます。いずれにしても、ストレスやイライラを抑えるために、ゆっくりと静かに還元水を、コップ1杯~2杯ほど飲むことで、ストレス解消とまではいきませんが、心を落ち着かせ、鎮まらせることが着たいできます。